美容・健康・暮らしで体験したこと・評判・口コミを紹介

CURIOUS+ (キュリオスプラス)

ライフ

引っ越しの時に【くらしのマーケット】を使って評判の不用品回収業者に来てもらった体験談

投稿日:

くらしのマーケット 不用品回収

くらしのマーケット TVCM

「くらしのマーケット」がテレビCMを始めましたね。びっくりしました。

くらしのマーケットといえば、2年前に訳あって実家の両親が引っ越すときに本当にお世話になったんです。

くらしのマーケットがなければ、あの不用品回収業者さんに出会えなかったわけで...

ということで、回顧録のような感じになってしまいますが、当時のことや気持ちを振り返って書き留めておきたいと思います。

暮らしのサービスくらべておトク!【くらしのマーケット】

 
 

不用品を処分する方法 途方にくれた日々

70代の両親が長年暮らした家を離れて引っ越すことになったんです。とにかくだたっ広い家だったので、おそろしい数の不用品や使い古した家具類がわんさか。

不用品処分の流れは以下の通りで進めました。

  1. 可燃ゴミ・不燃ゴミは根気よくゴミ出しをする
  2. 買い取ってもらえる物は買い取ってもらう
  3. 無料で引き取ってくれる物は引き取ってもらう
  4. 買取り、引取り、ゴミ捨てができない物だけ、お金を払って回収してもらう

 

最後の手段が不用品回収業者です。この時はどうしても処分できなかった不用品を残して引越しを済ませたあと、不用品回収業者に来てもらいました。

料金が明朗会計であれば、不用品回収業者に自治体の有料になる粗大ゴミも合わせて持って行ってもらう方が安上がりです。

 

不用品処分の方法

週に2回 2ヶ月にわたりゴミを捨て続けた

自治体の可燃ゴミ・不燃ゴミとして出せるものはどんどん捨てまくりました。この量のゴミを週に2回、2ヶ月間捨て続けました。

 

不用品処分の仕方

ガラクタ類のほんの一部

使えそうで捨てられない不用品。上の写真の量ではなく、実際は数えきれない品々が大量にありました。

 

くらしのマーケット 不用品回収

買取業者バイセルにも来てもらった

訪問買取業者さんや近所のリサイクル業者さんに来てもらったので最後はどうにかなると思っていたところ、実際は買い取ってくれるものは限られていました。

 

不用品処分業者 引っ越し

桐ダンスも買取不可でした

2ヶ月くらいかけて買い取ってもらえる物は買い取ってもらい、タダで引き取ってもらえる家具などは持っていってもらい、その後に残った不用品や引き取り手のない家具類、物置、コンテナ、物干し台、処分方法がわからない庭にあるハニワなど様々な物などをどうしようかと悩みました

引越し屋さんにざっと見積もってもらったところ「不用品の処分は30万円くらいはかかりそうですね。」と言われ、家の売買にかかわった不動産屋さんには「もしかしたら50万円かかるかもしれない」などと言われ、資金も限られるためただただ途方に暮れていました。

 
 

ネットの不用品回収業者はステマばかり...

不用品処分 引っ越し

少しでも安く不用品を回収してもらえる業者さんをインターネットで色々探しました。

すると、◯◯出張回収センター、◯◯かたづけ本舗、などの業者が出てきたのですが、口コミがサクラ(ステマ)っぽかったりして信頼できるかどうかの確証がなかったんです

あと、軽トラックのみ、作業員一人で参ります、物置は回収できません、大きな金属(庭の物干し台)は引き取れない、料金が高い、料金が不明瞭、といった業者もあり、条件の合う不用品回収業者を探すのに苦労していました

 
 

くらしのマーケットを見つけた

そんなある日「くらしのマーケットくらしのマーケット 不用品回収」という暮らしのサービスを提供する業者さんが集まった予約サイトを見つけました。

実際に業者を利用したユーザーの口コミや満足度を見ることができて、料金やサービス内容も簡単に比較できます

くらしのマーケット 不用品回収

リアルなユーザーの口コミが参考になる

ステマじゃないリアルなユーザーの口コミは大変参考になりました

 

そこで見つけた不用品回収業者さんが、◯◯リサイクルさんでした。口コミの評判も大変よく、2tアルミトラック積み放題で70,000円!!さっそくネットで予約をしました。

 
 

くらしのマーケットの予約は簡単だった

くらしのマーケット 不用品回収

くらしのマーケットの予約は簡単で、選んだ業者さんのページからネットで申し込むだけ。

一括見積もりサイトみたいに、一斉にいろんな業者から電話やメールがたくさん届くことはありません。お願いした業者さんからのみ連絡が入ります

 

◯◯リサイクルさんの社長さんはまだ30代?写真や電話で話した感じでは若くて真面目な印象でした。

電話では詳細を確認しました。本当に積み放題の詳細、トラックの大きさ、当日の流れなど。そして作業当日を迎えました。

 
 

そして不用品回収当日

朝10時の予約でした。事前に連絡がなかったので本当に来るのかちょっと心配だったことを覚えていますが、

時間の5分前には◯◯リサイクルの社長さんと作業員1名が予約通りの2tアルミトラックで来てくれました。

(まさか今になってこの回顧録を書くとは思ってなかったので、当時の写真はほとんど残っていません。)

 

引き取り手のなかった古びた家具類、ベッド、食器棚、お布団、庭に置いてあった大きな物置や金属製の物干し台など、ありとあらゆるものを笑顔で爽やかにテキパキと運び出してくれました。

家具はもちろん、家電、食器類、置物、粗大ゴミに出すとお金のかかるゴミ類も全部!食器類は海外へ輸出されることもあるようです。金属類はスクラップ工場へ、などと、専門のルートがあるのでご安心ください!とのこと。

もう使わないカーテンをレールから外し忘れていたのですが、台に乗って全部取り外してれてくれたり、◯◯リサイクルさんには本当に親切にしてもらいました。

 

不用品回収は引っ越しの最終ステージです。

引っ越し 不用品処分

回収業者さんに全てを引き取ってもらったあと

数ヶ月に渡る実家の引っ越しプロジェクトが完了しました。最後のお掃除をした後のこの写真、もう日が暮れていて一抹の寂しさ(一抹どころじゃない、本当に涙がでました)がありますね。

 
 

くらしのマーケットで素晴らしい業者さんに出会えて本当に良かった

くらしのマーケット 不用品回収

新居で無事に生活スタート

あの時くらしのマーケットで不用品回収業者を選んでいなければ、30万円、50万円の費用をかけて不用品を処分していたかもしれません。

2tアルミトラックなんでも詰め放題で7万円ポッキリ、そして色々なことをお手伝いしていただいて...。

お財布だけではなく体や心の負担も大きかったので、とても爽やかに親切にしてもらって本当に嬉しかったです。あらためて◯◯リサイクルさんに感謝したいです。

 

お住いの地域や状況によって業者さんに求めるものは違ってきますよね。

ぜひ「くらしのマーケット」で調べてみてください。地元に根付いた親切で安い業者さんが見つかると思います。

暮らしのサービスくらべておトク!【くらしのマーケット】

 

くらしのマーケットでは、不用品回収以外にも、エアコンクリーニング、お風呂クリーニング、ハウスクリーニング、引っ越し、家事代行、便利屋などの色々なサービスを取り扱っています。

引っ越しもくらしのマーケットで探してお願いすれば良かったかな...と思っています^^

 
 

  • この記事を書いた人
アバター

hiromi

東京在住の40代パート主婦。長年働いた会社を退職し事務の仕事をしています。自分が体験したこと、友達・家族のネタ、話題のアイティムなど「これは役立つかも!?」と思ったことを書いています。

-ライフ
-,

Copyright© CURIOUS+ (キュリオスプラス) , 2019 All Rights Reserved.