美容

胸がちっちゃい 彼氏もできない...プチ豊胸なら脂肪注入法かヒアルロン酸注入か?

私は恥ずかしいことに貧乳でAカップしかないんです。
胸がちっちゃいっていうのは、中学生になった頃から意識してました。

大学生になって周りは彼氏とデートしているのに、私は彼氏ができず。
胸が小さいことで男性から下に見られている気がしてコンプレックスの
かたまりに。胸元に男子の視線を感じるだけでうんざりなんですよね。

おっぱいを大きくしようといろいろ試してます

最近、小さいおっぱいの悩みに効果があるっていうバストアップクリームや
サプリがあるのを知って、密かに試してみたもののほとんど大きくならない。

わからない、ちょっとは大きくなったかもしれないけど、ブラのサイズは
変わらずAカップのままだから。

それから2年間くらい、ずーっと豊胸手術に興味があって悩んでいました。
いざ手術となると結構ハードル高い。お金もかかるしなんだか痛そうだし。

周りにも豊胸なんてやってる人いないし...芸能人くらいなんじゃないかと、
叶姉妹とかグラビアアイドルのバストや豊胸の噂とか調べたりして。

自分で調べて色々考えて結論を出そうと思って、その時のことを
これからこのブログにメモしておこうと思います。

豊胸手術の方法はいくつかある

豊胸手術ってシリコンバッグ入れる方法以外にもあるんですね。

  1. シリコンバッグ挿入
  2. 脂肪注入
  3. ヒアルロン酸注入

シリコンバッグ挿入

シリコンバッグはサイズをかなり大きくできるみたいだけど、
異物を体に入れるわけだから拒絶反応を起こすことがあるって。
あと、袋が破れることもあるし、劣化するから10年くらいで
取り替える必要があるらしい...

術後も痛みがあって傷跡が残るし、乳がん検査もできなくなるから、
体に負担がかかり過ぎますよね。

脂肪注入法

脂肪注入法。これは自分のお尻やお腹の皮下脂肪を吸引して
それをバストに注射で入れていく方法。自分の脂肪なんだから
拒絶反応のリスクはほとんどなくて、自然な柔らかさになるって。
施述後すぐに帰宅できるしダウンタイムはほぼなし。

ぷよぷよにお肉のついたお尻やお腹がスリムになって
バストだけ大きくなるなんて理想ですよねー。

ただ注入した脂肪が小さなしこりになることが稀にあるそう。
その場合は、脂肪を溶かす注射で簡単にケアができるとのこと。
ただ、かなり痩せている人は吸引する脂肪の量が少なすぎて、
この方法が適さないこともあるようですね。

ヒアルロン注入法

ヒアルロン注入法。これが一番簡単じゃないかな?と思いました。
注射でヒアルロン酸を入れるだけ。メスを使わないしまさにプチ豊胸!
ただ、大きくサイズアップができないんですよね。1カップくらいしか
できないそうです。

それにヒアルロン酸は半年〜1年くらいで体に吸収されちゃうんだって。
なんじゃそれー、一年おきくらいに入れないといけないのかな?
しかも料金の安いクリニックだと質の悪いヒアルロン酸を使うので、
しこりになることも。これが結構厄介なものらしいです。

どの方法もメリットとデメリットがあるから、決心するまで迷いますね。
でも痛いのが嫌だし失敗するのも怖いから、少なくともリスクの大きそうな
シリコンバッグだけはやりたくないと思う私です。

[sc:small-font ][sc:gray-font ]スポンサーリンク

プチ豊胸 脂肪注入法かヒアルロン酸注入か?

豊胸手術について調べているうちに、脂肪注入法かヒアルロン酸注入なら
本当にやってみたいと思えてきました。

あたらめてこの二つのメリット・デメリットを書き出してみました。
本を読んだりネット検索でいろいろな体験者の声も参考にしました。

脂肪注入法

メリット

  • 自然な柔らかさのバストを作ることができる
  • 自分の脂肪を入れるので拒絶反応がほとんどない
  • ダウンタイムはほぼなし。当日帰宅できる。
  • 半永久的にバストを維持できる
  • 乳がん検診(超音波・マンモグラフィー)ができる
  • デメリット

  • ダイエットすると胸も一緒にやせる
  • まれに脂肪のかたまりしこりができることがある
  • やせている人はお尻やお腹から十分な量の脂肪が吸引できない
  • 注入直後の大きさの半分程度になるので多めの脂肪が必要
  • 吸引も注入も、医師の技術に大きく左右される
  • まとめ
    料金は少し高めですが、一番ほどよく自然に理想的なバストアップができて
    半永久的に持続できるのは魅力的。脂肪がたくさん取れる人ならいいですね。
    あとは、腕のいいドクターに施術してもらうべきだと思いました。

    平均的予算:50万円〜100万円(クリニックや大きさによって差がある)

    ヒアルロン酸注入法

    メリット

  • 注射するだけで簡単にサイズアップできる
  • 価格も比較的安く手術を受けられる
  • ダウンタイムがない
  • デメリット

  • サイズは1〜2カップ程度しか大きくできない
  • 1〜2年ほどで体に吸収されてしまう
  • 粗悪なヒアルロン酸を使うと硬いしこりができる
  • まとめ
    気軽にできそうな豊胸方法だけど、長持ちしないのが気になる。
    あと、安いクリニックではヒアルロン酸の質が悪く、医師の腕も良くない
    ことが多いみたいなので、クリニック選びは慎重にしたいところ。

    平均的予算:30万円〜70万円(クリニックや大きさによって差がある)

    私が思うこと

    豊胸手術の一番のメリットは、コンプレックスをなくすことですよね。
    とにかく値段じゃない。高い技術と信頼のクリニックを選ぶこと。

    口コミなどをみていると、安易に料金の安いクリニックで手術をしてしまい
    失敗してしまう人も少なくないみたいです。

    そして、納得いくまで調べてカウンセリング受けてみるべきだと思います。

    私が調べた中では、脂肪注入なら池田ゆう子クリニック、ヒアルロン酸
    ならナグモクリニックが一流で安心して任せられるという評判でした。
    いずれも東京にあるクリニックですが、地方からもわざわざ来院するほど。

    まずは気軽にできるWebで問い合わせてみていろいろ聞いてみたいです。

    • この記事を書いた人
    アバター

    hiromi

    東京在住の40代パート主婦。長年働いた会社を退職し事務の仕事をしています。自分が体験したこと、友達・家族のネタ、話題のアイティムなど「これは役立つかも!?」と思ったことを書いています。

    -美容
    -,

    Copyright© CURIOUS+ (キュリオスプラス) , 2020 All Rights Reserved.