美容

肌セラミド産生を助けるライスパワーNo.11 コーセー「米肌」と「肌極」の違いは?

肌トラブルの根源は乾燥と言われています。乾燥しない肌を作るには
肌の保湿に必要な[sc:large-font ][sc:red-font ]セラミドが必須!

でもセラミドを肌の外側から浸透させるだけでは一時的な保湿効果しか
得られません。そうではなくて、肌本来が持っている潤いを保つ能力を
改善してくれるという成分があるんです。

それが、[sc:large-font ][sc:red-font ]ライスパワーNo.11。

ライスパワーエキス No.11

ライスパワーNo.11は、数十種類のアミノ酸やペプチド、糖類が
バランス良く含まれていて、医薬部外品有効成分の効能として、
唯一、皮膚水分保持能の改善の効果が認可された成分なんです。

肌のセラミドを作り出す力がある美容成分って嬉しい。
なんとなくお肌が潤うわ~というレベルじゃないんですね。

というわけで、この素晴らしいライスパワーNo.11を配合した化粧品が
いくつかあります。人気なのはコーセーの米肌肌極などです。

それぞれの特徴があるので違いを調べてみようと思います。

コーセー米肌(Maihada)ローションの特徴

米肌のトライアルセットはたっぷり2週間分以上でした。
詳細レポートは後日書いてみるとして、その中で
1番気に入ったのが肌潤化粧水(ローション)

米肌 化粧水

洗顔した後につける化粧水でスキンケアしてるっていう
気分になれますよね。毎日必ず使うものだし私がとても
大切にしているステップです。

肌に合った良い化粧水を選ばないと、肌トラブルが
発生しかねません。

米肌の化粧水には、もちろんライスパワーNo.11が
配合されています。

他には、ビフィズス菌発酵エキス大豆発酵エキスなどが
配合されて、潤いが濃縮された充実感のあるテクスチャー
になってます。(無香料/無着色/鉱物油フリー/弱酸性 )

このローション、実は乳液効果もあるんです。

「角層柔軟オイル」配合の効果で、潤いのモイストリレーを
してくれる。つまり、肌を柔らかくほぐして隅々まで長時間
潤いを保つ仕組み。

だから、乾燥やたるみ毛穴が気になる方にピッタリなんですね。
肌がふっくらして毛穴が目立たなくなってくるわけです。

中には、ちょっとアルコールを感じる方もいると口コミで
見かけます。(私はまったく感じないけれど)

まずは気軽に試せてお得なトライアルセットがおすすめです。
>> コーセー米肌トライアルセット1,500円

肌潤化粧水 全成分
[sc:kakomu ][sc:small-font ]水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン※ライスパワー®No.11はコメエキスです。

コーセー化粧品「米肌」と「肌極」の違いは?

同じコーセー化粧品から販売されている「[sc:red-font ]米肌」と「[sc:red-font ]肌極」。
どちらも[sc:blue-font ]ライスパワーNo.11を主成分として配合しているコスメで
同じ紺色のパッケージだしそっくり!何が違うのかわかりにくい~。

というわけで、この2つの違いをまとめました。

米肌(まいはだ)

  • 【ターゲット年齢層】30代後半~40代以上
  • 【肌悩み】乾燥肌、毛穴の悩み
  • 【コンセプト】自ら潤いを生む肌へ
  • 【特徴】無着色・無香料・鉱物油フリー・弱酸性
  • 【主要成分】ライスパワーNo.11(肌極みより濃密な配合)
  • 【その他の独自成分】大豆発酵エキス、グリコシルトレハロース、
    ビフィズス菌発酵エキス 他(全て発酵にこだわった処方)
  • 【基本スキンケア】洗顔→化粧水→美容液→保湿クリーム
  • 【販売店舗】通販サイトのみ
  • 【ホームページ】コーセープロビジョン 米肌公式サイト
  • 肌極(はだきわみ)

  • 【ターゲット年齢層】20代~30代前半
  • 【肌悩み】乾燥肌、ゆらぎ肌
  • 【コンセプト】ゆらぎ肌に潤いを与える
  • 【特徴】無着色・弱酸性
  • 【主要成分】ライスパワーNo.11
  • 【その他の独自成分】緑茶エキス、アケビ茎エキス他
  • 【基本スキンケア】美容液→化粧液→保湿クリーム
  • 【販売店舗】実店舗(化粧品専門店、ドラッグストアなど)
  • 【ホームページ】コーセー肌極公式サイト
  • こうやって比較してみるとまずターゲット層が違うということがわかります。
    [sc:red-font ]アラサー世代の方には肌極、アラフォー、アラフィフ世代の方なら米肌
    いう印象を持ちました。

    米肌の方がより濃密に成分を配合

    米肌はより高濃度の有効成分で自ら肌が潤う力を高めることに注目しています。
    しかも大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスなど発酵こわだった成分も。
    [sc:blue-font ]コスメデコルテの技術も取り入れているので浸透力が全く違うのだそうです。

    米肌 成分

    米肌は特に化粧水と美容液がとても人気で多くの女性美容誌でコスメ大賞を
    受賞しています。(VoCe、GINGER, AllAbout, Yahoo!BEAUTYなど)

    乾燥肌を保湿して、毛穴の開きやたるみ、シワなどのアンチエイジングの効果を
    求める[sc:red-font ]30代後半以上の方は米肌を使うと良さそうです。

    通販限定トライアルセット1,500円(送料無料)
    >> 潤いを創りだし取り込む 米肌~まいはだ~

    • この記事を書いた人
    アバター

    hiromi

    東京在住の40代パート主婦。長年働いた会社を退職し事務の仕事をしています。自分が体験したこと、友達・家族のネタ、話題のアイティムなど「これは役立つかも!?」と思ったことを書いています。

    -美容
    -,

    Copyright© CURIOUS+ (キュリオスプラス) , 2020 All Rights Reserved.