健康

制汗剤はどれを買えばいい?いろんな種類を上手に使い分ける方法

暑くなってきて気になりだすのが汗とにおいケア。
そんな時に頼りになるのが消臭を兼ねた制汗剤

制汗剤 おすすめ

今では本当に数多くの制汗剤が販売されていますよね。
種類によって目的や効果が実は異なっていたりするので
自分に合った制汗剤選びの方法をお伝えしますね。

体臭が発生する原因って?

そもそも汗をかく時期に気になるのが「体臭」。
真冬でも服の下で汗をかいて臭いを発したりします。

体のにおい対策として制汗剤を使用している方も多いと
思うんですが、実は汗自体には強い臭いは無いんです。

誰にでも皮膚常在菌といって皮膚には菌の一種がいるん
ですが、それが汗と混ざった時に臭いを発生させるのです。

臭いの原因となる皮膚常在菌の増殖を抑える働きを
するのが制汗剤なんですよ~。

では種類別に見ていきましょう。

制汗効果の高いロールオンタイプ

制汗剤 ロールオン

ロールオンは昔からある定番中の定番の制汗剤。

肌に直接塗れて密着させられるので、制汗効果が高い
のがロールオンタイプ。手を汚さずにころころ~と
肌の上に塗るだけなので楽ちんですよね♪

清涼感があってスーッとした使い心地が気持ち良い。
乾くまでちょっと時間がかかるのがデメリット。

バン(ban)ロールオンなんかも有名どころですが、
いまいち効果を実感できない、肌が荒れるという方も。

ここ数年で売れ行きを伸ばしているのがこちら。

デトランス 脇汗

ワキの下サラサラ!【デトランスα】

ヨーロッパでは人気N0.1のデオドラントで、
リピート率92%以上という強力デオドラント。

使い続けるにつれ汗が出なくなる!という優れもの。
日本にもファンがたくさん増殖していて、これがないと
もうダメ〜という人もいるそうですよ。

付着力が高いスティックタイプ

スティックタイプは皮膚に頑丈な膜を張ることで
汗を抑えるので、長時間バリアしてくれます。

固形なので肌当たりが硬いし滑らかではないですね。
肌荒れを起こす人もいます。

こちらも手を汚さなくて済みますが、スティックを
長めに出した状態で強く擦るとポキっと折れてしまう
ので注意が必要です。

塗り込んで密着できるクリームタイプ

スティックタイプと同様に付着力が高いので、
長時間塗り直さなくてもいいのが制汗クリーム

スティックより伸びが良くって使いやすいし、
肌への密着度は一番高くて、汗を抑える効果が高い
のが特徴です。ワキガの強い臭いにもおすすめ。

手で直接塗るので指が汚れちゃうのがちょっぴり
マイナスポイントかな。

私はこのタイプが一番が好きで、愛用しているのが
ラポマインという脇用ジェルクリームです。

男女兼用 脇汗ジェルクリーム ラポマイン

ピタッと密着して優しくさらっとした使い心地。
消臭制汗効果にも大満足して使っています。

参考:管理人のラポマインレビュー記事

手軽で簡単なスプレータイプ

誰しもが一度は使ったことがある定番アイテムで、
手軽に使えて、使用後の肌はさらっとするのが特徴。

以前はこのスプレータイプが主流でしたよね。

ただ手軽に使える分、肌への密着度は他のタイプに
比べて低く、すぐに汗で流れてしまうことが...
こまめにつけ直す必要があります。

かいた後の汗を拭きとるシートタイプ

最後は制汗剤とは違いますが、汗のケアアイテムとして
一緒にご紹介しますね。

汗をかく前ではなく、かいてしまった後に使いたいのが
汗ふきシート。ベタついた肌もすぐにサラサラでいい香りに♪
スッキリします。

汗 拭き取りシート

ビオレ さらさらパウダーシート

制汗剤は目的と効果で使いわけるのがポイント

汗をかく前に使う様々なタイプの制汗剤と、
汗をかいてしまった後に使いたいシートタイプを
紹介してきました。

汗が少し気になる程度なら手軽なスプレータイプ、
しっかり予防するならスティックやロールオンと
目的によって使い分けると良いですよ♪

肌に密着して汗をしっかり抑え臭いも消したいなら
脇汗専用のクリームタイプがおすすめです。

使い心地や好きなテクスチャーも人それぞれなので、
いろいろ試してお気に入りのアイテムに出会えるといいですね。

  • この記事を書いた人
アバター

hiromi

東京在住の40代パート主婦。長年働いた会社を退職し事務の仕事をしています。自分が体験したこと、友達・家族のネタ、話題のアイティムなど「これは役立つかも!?」と思ったことを書いています。

-健康
-, ,

Copyright© CURIOUS+ (キュリオスプラス) , 2020 All Rights Reserved.